50代からの楽器(音楽)ライフを共にフォローアップしていくブログ

長~いブランクを引っ提げて、戻って来たぜ!

Read Article

自分に合った練習法を考えてみた。(part1)

第15話

■新品の弦に張り替える

 

トレーニング

誰と戦うつもり?

最近は安い弦がすぐに手に入るので助かります。
僕はその昔ロトサウンドを使っていたのですが、
1セット6千円位していました。

ロトサウンドのラウンドワウンドは細野さんの影響。

今はダダリオの2500円(2セット)でOK。
死んだ弦の音が好きな人って結構いるみたいですが、
僕は「シャリーン」っていう新品の音が好きです。

■崩れ落ちるモチベーション

まず、驚いたこと。

全然手が動かない!
特に左手が全く開かないし、押さえられない。
指に力が入らないのです。

右手も散々です。指がもつれる感じです。
弦間の距離ってこんなにあったっけ!??

これは本当にバンドどころではないな・・
リハビリが必要なことは明白でした。

とりあえずスケールを弾いてみる。やっぱりダメ。
焦りました、本当に。

ということで、長い時間が僕から奪って行ったものを
体で感じたのです。

さてどうするか?
モチベーションが崩れ落ちするのを感じました。

■ストイックなのはちょっと・・

なんというか、今更ストイックなのはちょっと
カンベンしてほしい・・

こんなふうに弱気になってしまいましたね。
例えば、ひたすらクロマチックスケールを何ヶ月も
続けるとか。

極端かもしれませんが、こういう世界もありますしね。

でも、何でそこまでして。

多分、追っている世界が違うのでしょうね。
そうすべき人もいると思います(プロを目指すとか)。
アマチュアでも最初のうちは必要かなと思います。

でも僕はそういうことは基本的にやらないようにします。
練習は勿論やります。でも、楽しくやりたいので。
実は、スケール弾きの練習でも楽しく出来る方法が
あります。

次回は今回の続きとして、自分にあった練習法について
書いてみようと思います。

最後まで、ご覧頂きありがとうございます。

JT

サウンドハウス
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

Return Top